育児漫画ブログやってます

後乗せ標準タイプの子乗せ電動自転車を比較!【20インチ】

この記事は2019年1月時点での最新情報です。
※2019年モデルが発表されています。この記事は随時最新情報への更新を行っています。

普通の自転車に近い形ですが、

  • ハンドルロック機能
  • フレーム強度
  • ハンドルとサドルの距離
などが子供乗せに合わせて調整されているモデルです。

子どもを2人乗せたい場合、フロントチャイルドシートをハンドルに取り付ける必要があります。

ポイント
フロントチャイルドシート標準タイプと違って、2人乗せていてもカゴが使用可能。
荷物も一緒に運びたい人にオススメ。
注意
後付けの前シートは基本的に小さいので、2歳差以内や下の子が大きめの場合は注意。
特にbikke・HYDEEの専用フロントチャイルドシートは小さいです。
大きめの子だと1歳代で乗れなくなるかもしれません。
(フロントシートは4歳までが一般的なところ、bikke・HYDEE用のフロントチャイルドは3歳未満になっています)

一般的にフロントチャイルドシートは試乗不可なので判断が難しいところですが、メーカーが開催している試乗会や個人のお店でフロントチャイルドシート取り付けの状態で試乗できることもあります。
気になる方は問い合わせてみるといいでしょう。

この記事では小径車(20インチサイズ)の後乗せチャイルドシート標準タイプ(前シートは後付け)の子ども乗せ電動自転車の紹介・比較をしています。

子乗せ電動自転車の全体的な紹介や、前カゴがチャイルドシートになっているタイプ、20インチ以外のモデルの比較記事は下の一覧からどうぞ♪

「電動アシスト付き」に限ると

  • ブリヂストン
  • パナソニック
  • ヤマハ
の大手3社にほぼ絞られます。

20インチ

bikke mob e (BRIDGESTONE)

注意
2019年モデルよりブリヂストンのラインナップから消えました。
こちらについては在庫限り。

bikke2eの後継モデル。bikkeといえばコレというヤツ。

デザイン

子乗せ自転車感の薄いおしゃれなデザインが特徴。
シート外した後は見た感じオシャレな小径車。
シート外した後のデザインが気になる方にオススメ。

購入はこちら

ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥129,800 (2019/01/20 15:18:16時点 Amazon調べ-詳細)

ギュット・アニーズ (Panasonic)

MEMO
2019年モデルよりギュット・アニーズ(グレードなし)がギュット・アニーズ・SXへ。
2018年モデルにあったKDとKEはEXに。バッテリー容量はDXと同じです。

SX、DX、EXの3モデル展開です。
上の画像はDXです。

EX/DX・16.0Ah
SX・12.0Ah

カタログスペック
適応身長のめやす 142cm~
(3人乗り155cm~)
重量 DX・34.3kg/DX・34.0kg/SX・33.2kg
バッテリー容量
走行可能距離 EX/DX
ロング 80km
オートマチック 60km
パワー 50km
SX
ロング 60km
オートマチック 45km
パワー 37km
充電時間 EX/DX
約5.0時間
(約3.5時間で80%まで急速充電)
SX
約4.0時間
(約2.5時間で80%まで急速充電)
ハンドルロック スタンド連動

グレードがあります

タイトル入れてネ
  • バッテリー容量
  • 総重量(バッテリーの違いによるもの)

色展開や他の仕様は同じ。

タイトル入れてネ
  • ラクイック
  • スムースデザインバスケット(網じゃない大容量)

それぞれのグレードで色展開が異なります。

ラクイック??
スマートキーが自転車の鍵。
スマートキーが近くにある状態でアシストのスイッチをオンにすることで解錠できるパナソニック自転車の新システムです。

自転車の鍵って小さくて、子ども連れていて適当にカバンやポケットに突っ込むとよく行方不明になるので、そのストレスから解放されると思うと魅力的です。

施錠は手動なので、そこはお忘れなく。

参考スゴラク|自転車|Panasonic

リヤ用ギュットプレミアムシート

2018年モデル以降に搭載されています。

主な特長は

  • サイズがスリム化
  • 小物を収納できる背面ポケットつき
  • シートベルトが巻取り式に
専用設計になったので、横幅がスリムに。
駐輪場で扱いやすくなりました。

背面にポケットが付いたので、レインコートやタオルを収納できます。
背面という性質上、貴重品は入れられませんが…。
レインカバー使用中もおそらく使えないと思います。

フロントシートには以前から採用されていましたが、リヤのシートにも巻取り式が採用。
車のベルトと同じようにスーッと伸ばしてカチッととめるだけになりました。
ベルトの長さ調節って結構煩わしいので、これはうれしいですね。

この新型のシートを使用する場合、スリムリヤキャリヤNCR1627Sとセットで使用する必要があります。
逆にリヤキャリヤを変更すれば2017年以前のモデルでも新型シートを使用可能

大容量バッテリー

パナソニックの特徴である大容量バッテリー。
KEに至っては20Ahもあります。

どれだけ大きいかと言うと…

ロングモードだと100km走行可能

100kmというと東京駅から在来線で高崎とか宇都宮とか熱海とかぐらいまで行ける距離。
山手線3周弱くらいです。

充電回数が少なくなる分、バッテリーにも優しいですね。

※20Ah搭載モデルが無くなり、大きなアドバンテージはなくなりました。

購入はこちら

パナソニック(Panasonic)
¥135,800 (2019/01/20 15:18:17時点 Amazon調べ-詳細)

PAS Babby un (YAMAHA)

MEMO
2018年11月15日に2019年モデルが発表されました。
バッテリーの大きなSPモデルが発売されます。

カタログスペック
適応身長のめやす 142cm~
(3人乗り146cm~)
重量 30.8kg
SPモデル:31.4kg
バッテリー容量 12.3Ah
SPモデル:15.4Ah
走行可能距離 オートエコ 58km
標準 50km
パワー 40km
SPモデル
オートエコ 73km
標準 63km
パワー 50km
充電時間 約3.5時間
ハンドルロック スタンド連動

特長

  • 軽量
  • (幼児2人乗せ可能な電動自転車としては)コンパクト
  • YAMAHA最高レベルのアシスト

オートエコや標準モードでは自然な走り出しで、アシスト付きに慣れていない人でも違和感なく乗ることが出来ます。
一方でパワーモードは本当に強力で、アシストに慣れきった身体でもびっくりする力強さ。
前後に子どもを乗せるとものすごく重いので、アシストが強いに越したことはありません。

また、とてもパワフルでグイグイ進みます。
起伏が激しいところに住んでいる方にオススメ。

チャイルドシートが付属していないモデルもあり、取付可能な範囲で好きなチャイルドシートを取り付け出来ます。

コレといった特徴はないけど

シートの仕様が特徴的過ぎるPAS Kiss mini unと比較すると、迷ったらコレにしておけばいいといえるくらいの標準的な仕様。
オプション品も汎用性が高く、一般的な子乗せ自転車用のものなら割と何でも取付可能。

強いて言うならアシスト力?

でも、標準的な仕様なのでデメリットも特になし。
カゴのデザインと車体の色(色の出方がカタログと比較すると「アレ?」って感じます)さえ気に入れば、ですが。

試乗の際はそのコンパクトさ故に膝周りが若干気になりましたが、ハンドルの高さを上げればいいですからね。

子どもを乗せなくなっても

丈夫・小径・強力アシスト・大きめのカゴといった扱いやすさから、街で高齢の方が買い物用に乗っているのを見かけることもあるくらい、扱いやすい車種です。

子ども乗せなくなったあとの自転車としても、かなり使いやすくなっています。

購入はこちら

24/20インチ

乗り心地は20インチに近い(というかメーカーがそう調整している)ので、この記事で紹介します。

ブリヂストンの子乗せ両輪駆動(デュアルドライブ)モデルがこのサイズになります。
ちょっと特殊なサイズ感ですが、おそらくデュアルドライブの都合でしょう。
24インチになるから前乗せ標準モデルは出ないのかな…?

後輪は20インチなので、後部チャイルドシートの高さも低くなり、子どもを乗せるのが楽になっています。

デュアルドライブ??
画期的!両輪駆動の電動アシスト自転車です。
両輪駆動と言っても、前輪・後輪両方にガンガンアシストがかかるわけではなく、前輪にモーターによるアシストが入り、後輪は人力。
一般的な電動アシスト付き自転車は、ペダルを漕いで回す後輪にアシストがかかるので、後ろから押してもらうような感覚ですが、こちらは前輪にモーターがついているので、引っ張ってもらうような感覚です。

  • 後輪ブレーキをかけることでバッテリーの回復充電が行われる
  • 回復充電と連動して前輪にモーターブレーキが作動する
  • 前輪が空転を検知するとアシストを自動で弱めてスリップ回避
  • 耐久性が高く、錆びない・外れない・注油不要のカーボンベルトドライブ
  • 走行中でもペダルを止めると回復充電が行われる(2019年モデルより)
という仕様。
回復充電やモーターブレーキは後輪ブレーキと連動ですが、前後(左右)ちゃんとかけるようにしましょう。

参考ブリヂストンの電動アシスト自転車
参考“走りながら自動充電”

bikke gri dd (BRIDGESTONE)

カタログスペック
適応身長のめやす 142cm~
(3人乗り152cm~)
重量 33.2kg
バッテリー容量 14.3Ah相当
走行可能距離 エコ 88km
オート 63km
パワー 45km
回復充電を使用することでもっと長く走行可能
充電時間 約4.1時間
満充電はされずにモーターブレーキや回復充電が作動するように調整されます
ハンドルロック ハンドルについているレバー

 両輪駆動について

デザイン

子どもを乗せるように設計されている自転車は

  • 女性が乗りやすい
  • 倒れた際にも足に引っかかりにくい湾曲したフレーム
のものがほとんどです。

しかし、こちらのbikke griは

  • 男性でも乗りやすいユニセックスなデザイン
  • 真っ直ぐの2本フレーム
でいわゆるママチャリ感が薄くなっています。

色合いも他のbikkeシリーズのように

  • グレーや白味のかかった色ではない
  • 男性好みのハッキリした色
が用意されています。

また、前輪が24インチとそれなりに大きいことも、20インチでは小さいと感じがちの男性には扱いやすいです。

タイヤが大きくなる分、使いやすいように工夫されており、20インチモデルのbikke mob eよりフロントチャイルドシートの高さは低くなります。

専用のリヤチャイルドシート

  • 横幅が小さくコンパクト
  • 乗せ降ろしのしやすい低床設計
  • ベルトの長さも片手で調節しやすいスマートフィッター
  • 安全性の高い5点式シートベルトが採用されています。
になっています。

bikkeシリーズ共通で、クッションを選ぶことで自分好みにコーディネート可能です。

フロントシートは小さめ

bikke用のフロントシートは一体設計でバランスが取りやすくなっています。

その反面シートの作りが汎用タイプより小さめ。

OGK製のものなどが4歳までとなっていますが、bikke用は3歳までになっています。

デメリット

湾曲したフレームに比べると足を上げる高さは上がってしまいます。

  • スカートを着ることが多い方
  • 足をあまり上げたくない方
  • 跨ぐ時に引っかからないか心配な方
については下のbikke mob ddがフレームデザインと色以外はほぼ仕様が同じなので、そちらがオススメ。

購入はこちら

ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥131,480 (2019/01/20 15:18:18時点 Amazon調べ-詳細)

bikke mob dd (BRIDGESTONE)

カタログスペック
適応身長のめやす 142cm~
(3人乗り152cm~)
重量 34.4kg
バッテリー容量 14.3Ah相当
走行可能距離 エコ 82km
オート 58km
パワー 42km
回復充電を使用することでもっと長く走行可能
充電時間 約4.1時間
満充電はされずにモーターブレーキや回復充電が作動するように調整されます
ハンドルロック ハンドルについているレバー

 両輪駆動について

bikke mob のデュアルドライブモデル。

上のbikke griと仕様はほとんど変わりません

bikke gri ddと比較

  • フレームが湾曲して低床になっているため、跨ぎやすい
  • 色合いもグレーや白味がかかった女性好みの色になっている
  • こちらのほうが1.2kg重い(その分走行可能距離が少し短くなっています)
ほぼ同仕様なので、デザインや色で選べばいいと思います。

専用のリヤチャイルドシート

  • 横幅が小さくコンパクト
  • 乗せ降ろしのしやすい低床設計
  • ベルトの長さも片手で調節しやすいスマートフィッター
  • 安全性の高い5点式シートベルトが採用されています。
になっています。

bikkeシリーズ共通で、クッションを選ぶことで自分好みにコーディネート可能です。

bikke mob eと比較

タイヤが大きいにも関わらずフロントチャイルドシートは低くなります。
また、適正身長もこちらの方が2cm低くなっています。

購入はこちら

子乗せ自転車の記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA